会社情報 代表挨拶 Message

バブル崩壊後、日本の社会構造が大きく変化しました。
戦後の日本社会を支えてきた終身雇用制度の崩壊、年金制度への疑念により、多くの日本人が将来への不安を感じるようになりました。
そして、その不安は今後ますます大きくなる一方でしょう。
そこで、自らの将来は自らの力で守るという考えのもと、収益用不動産を購入することで将来への備えにするという考え方が生まれてきました。

また、バブル崩壊後の不動産価格の下落、史上最低レベルの低金利、アパートローン商品の普及、インターネットの普及などにおける社会状況の変化、インフラの整備が、収益用不動産を買うための環境を後押ししています。一方、日本は少子高齢化社会を迎え、資産をすでにお持ちの方にとっては「相続」という問題、および賃貸経営状況の悪化(空室率の上昇)が重なり、お持ちの資産をどのように保全していくかということが大きな課題となっており、今後ますます重要な問題になっていくと予想されます。

当社は、収益用不動産の売買・仲介、賃貸管理を通じ、その専門知識・ノウハウを駆使することで、資産形成および資産保全という連続的な関わりにより、それぞれのニーズに最大限応えられるご提案をしております。資産を形成し、保全することによって生活の安定、将来不安の払拭、ひいては心の安定を持っていただきたい。そして、一人でも多くの方が、心の安定を持つことで社会全体が活性化すると確信し、その一助を担うことが当社の使命であると考えております。私たちはそのような理想社会の実現に向けて高い志を持って挑戦し続けて参ります。

武蔵コーポレーション株式会社 代表取締役 大谷義武