後世に伝えたい大谷義武の本棚 Bookshelf

  • 不動産
  • 歴史・政治
  • ビジネス・経済
  • その他
その他│Others
  • 我ら戦争犯罪人にあらず(陸軍大将 今村均)

    「幽囚回顧録」の復刻版

    大東亜戦争時、ラバウルで9万人の兵士を率いて戦い抜き、地下要塞を作ることで全員無事に終戦を迎えた。

    戦後自ら申し出て部下の収容されているマヌス島で昭和28年まで服役生活を送った。

    大東亜戦争時最も立派な軍人と言われたひとり。

    その高潔な武人としての生き方に強い共感を覚える一冊。

    と共に、いかに連合国(米、英、蘭、豪)がひどい仕打ちを行ったかに怒りを覚える。

    戦後、BC級戦犯という名のもとに、罪なき日本人が処刑された。
    (法務死)

    両親、妻、子供を残して、処刑された若き日本人の生々しい葛藤が書かれている、その部下を送り出す今村大将の気持ちも読んでいて涙が出てくる。

    このような仕打ちを受けた我々日本人は、絶対に大東亜戦争のことを忘れてはいけないと思う。

  • 新『教育勅語』のすすめ

    戦後教育勅語がなくなったために、いかに日本の道徳が失われてきたのかを歴史的事実に基づいて分かりやすく説明している。

    教育勅語は「世の中のまことの道」であるということに感銘を受けました。戦前の日本においては、教育勅語は国民(臣民)にとっての「憲法」であったということです。

    そして、「まことの道」を国民に知らしめた明治大帝のご功績を再認識しました。

    一人の日本人として、また子をもつ親として教育勅語の重要性をきちんと後世に伝えていく義務があると感じました。