新着情報 News

『経済界』10月号に当社についての記事が掲載されました。

2019.9.6

『経済界』10月号に当社についての記事が掲載されました。

是非ご覧ください。

以下掲載内容となります。

ーーーーー

 収益不動産の売買仲介、賃貸管理などを手掛ける武蔵コーポレーション(本社・東京都千代田区、大谷義武社長)は、7月13日、社員と地元企業の関係者約60人で埼玉県さいたま市大宮区にある氷川神社の清掃活動を行った。
 
同社の社名は、神社の正式名称である「武蔵一宮氷川神社」の一部を用いて大谷社長が考案。氷川神社は同社創業の地である大宮に根差しており、地元への感謝の意を込めて2010年から清掃活動を開始した。現在では毎月1回のペースで日本一長いとされる2キロメートルほどの参道を掃除しており、清掃回数は通算100回を超える。
 
社長室の黒田漢氏は「地域でビジネスをさせていただいている恩返しとして、10年近くにわたって活動してきました。今後も地元への貢献を果たすためににも継続していきたいと考えております」とコメントした。
 
氷川神社の東角井真臣・権宮司は「地域に貢献することで地元住民とのつながりを大切にしたいという大谷社長の気持ちを感じています。日本一長いと言われる参道の清掃を毎月継続して行っている武蔵コーポレーションと取引先の皆さまには大変感謝しています」と話している。
 
同社では16年の東京本部開設を機に、千代田区九段北にある靖国神社でも毎月の清掃活動を開始した。現在では社員数が150人と増加しており、今後は新たな神社での清掃活動も検討する。


ーーーーー