当社について日記

こんにちは!内定者の吉原です。

今回の日記も、新規事業であるリゾート事業を担当している社員の方をご紹介します!

軽井沢支店長としてリゾート事業を担当されている髙田さんです!

軽井沢の別荘のプロジェクトは、GWからの運用を目指して準備を進めているところです。

今は、町役場・消防・保健所などの行政機関への申請手続きや、コンセプトをもとに、リノベーションと家具の搬入など、商品が9割型完成してきました!今は、オペレーションなどの運営の仕組みを頑張って考えています!

吉原「髙田さんは入社から3年間で賃貸管理部・売買営業部・採用グループという3つの部署を経験されていますが、今の仕事につながっているなと実感するのはどのようなところですか?」

髙田さん「簡単に言うと、コミュニケーション能力・資料作成スキル・分析の方法の3つかな。特に1つ目のコミュニケーション能力は、ゼロから信用を作り上げていかないといけない新規事業にとってすごく重要。例えば、一緒に建物を作っていく設計会社さんとのやりとりはもちろん大切だし、仕入れ先の不動産屋さんも信用されて初めて教えてもらえる情報があったり。ルームクリーニングやリネンなどのオペレーション分野の取引先の会社さんからも、コミュニケーションをとる中で、自分たちになかった情報をもらえたりする。ゼロからのスタートだからこそ、コミュニケーションをきちんととって信用を積み上げることも大事だし、それによって得られる情報も非常に重要です。」

吉「どのようなきっかけでこの事業の責任者になったのですか?」

髙「朝会(全体ミーティング)で、社長がリゾート事業の責任者に興味がある人は声をかけてと言っていて。次の日くらいに、やりたいですと立候補しました。それが新卒2年目8月くらいでした。」

吉「どのようにこの事業を発展させていきたいですか?」

髙「軽井沢と言えば、武蔵の別荘だよねと言っていただけるように、がんばっていきたいと思います。」

自分から発信すれば大きな仕事を任せてもらえることも武蔵の社風の1つとよく言われますが、それをまさに表しているエピソードですね!

落ち着いたトーンの木でつくられた、落ち着いた雰囲気のこの別荘。完成が楽しみです!