社員紹介

トップページ

平成29年12月19日

【廣田和貴】社長室(東京大学卒業)

卵の殻の研究をやめて武蔵コーポレーションに入社した理由

武蔵コーポレーションとの出会い

人材会社の方に武蔵を紹介してもらい、その時に代表の大谷の本をいただきました。本に書いてあったことはとても共感できたんですが「お客様も幸せになり、なおかつ関連会社、世の中までも幸せになる『三方よし』の精神」はキレイごとなんじゃないか、って疑いも出てきて(笑)。でも実際、面接やランチで社員の方と話してみると、「代表の大谷と同じ考え方を持って行動している」と。しかも、それが1人だけじゃなくて、会った人すべてが。一貫性がすごいんです。みんなの方向性が同じならすごい勢いで成長すると思いました。武蔵は第一志望じゃないことも伝えていたのに、採用を担当している木島が毎日のように連絡をくれました。親身に就活全体の相談までのってくれて、家族や親戚に反対された時は、大谷が話に行く機会も用意するよ、と。本当に驚きました。木島自身も「三方よし」を体現していたんです。自分のまわりを幸せにするということが、リアルに伝わってきました。

入って感じた会社の雰囲気


会ったこともないようないろんな人たちが集まっています。でもみんな仲が良くて、そこら中で笑い声が聞こえてくる。でも仕事もバリバリやってて、メリハリがすごいですね。大企業が赤字経営だったり、倒産してしまったり、これからの時代はどうなるんだろうと思っていたんですが、武蔵はこれからみんなでつくっていく企業だから、夢であふれている空気があります。収益物件で経営者の資産が安定することで、その方が会社経営に集中でき、社員にも会社の利益が還元され、社員みんなの生活も安定する。そんなサイクルで、日本経済と社会の安定を目指したいと思っています。個人的なビジョンを言うと、30くらいまでには自分が頑張れる分野を見つけて、独立したいですね。大谷にも伝えてあります。ウェルカムだ!全然いいよ! と言われました(笑)。いい会社ができて経済が潤うなら、日本にとってもいいことだから、と。

就職活動を振り返って

大手の食品/飲料メーカーの研究職につくには院に行くことが条件だとわかって、4年生から研究の生活を始めました。でも、なんかしっくりこなくて。自分がやりたいことって、本当はなんだろうって思ってしまったんです。社会全体を幸せに…なんて漠然と考えていたけれど、それを実現する方法って食品だけじゃないな、と。それで、自分に適した職業につこうと思って、業界を絞らずにいろんな会社を見て、この会社に出会いました。まさか自分が武蔵!?ということもあったので、自分が一番驚いてる。大手とか給料とか表面上だけにとらわれず、視野を広げてみてください。仕事が好きだと、頑張れるし、どんどん力がついてくる。その方が長い目で見ると収入も安定すると思います。