会社行事

トップページ

平成21年11月3日 小野田寛郎氏をお招きしての研修会
大東亜戦争後フィリピンのルパング島で任務遂行のため、30年も戦い抜いてきた、小野田寛郎氏をお招きしました。小野田さんは陸軍中野学校をご卒業後、帝国陸軍少尉として、昭和49年に帰国するまでフィリピンのルバング島で孤立無援の戦いを全うされた方です。「生きる」ということをテーマにジャングルで 30年間に渡って生き抜いてきた小野田さんのお話は、理屈ではない実体験として人間の生と死、そして個人と国家という関係についての非常に奥深いものでした。小野田寛郎さんという世界的にも著名な元大日本帝国陸軍の軍人さんの生のお話をきける機会はほとんどない中、現代のわれわれにも大きく参考になる貴重なお話だったのですが、もっとも印象に残ったのは「人は一人では生きられない」ということ。そして世間様、他人様のお世話になって生きているということ。だから、人には感謝しなければいけないということです。