佐藤 育実

直感で
好きになりました

Profile Data この人、どんな人?

佐藤 育実

内定者

佐藤 育実

SATO IKUMI

平成7年7月24日

前職
内定者
所属
慶応義塾大学商学部
出身地
秋田県横手市

Recruit

新卒内定者インタビュー

  • 内定者インタビューはこちら
どんな大学時代を過ごしましたか?

 

サークルはバスケットサークルに属しており、女子の代表を2年間勤めました。大学時代は商学部で経済や経営のみならず組織心理学など幅広い分野を勉強しておりました。バイトは駅前のパン屋さんで、パンを作ったり、販売をしたりしていました。バイトリーダーとして、値引きのタイミングを決めるなど、責任感をもって働いていました。トルティーヤを作ることなら誰にも負けません(笑)。

就職活動のエピソードを教えてください!

 

始めは憧れの気持ちもあり、ウェディングプランナーを夢見ていました。ほかに特にこの業界で働きたいというのもなかったので、大手含め色々な業界を見ていました。様々な会社を見る中で、大手で働いてその会社の歯車になるよりは、規模の小さい会社で自分の仕事にやりがいをもちながら働きたいと思うようになりました。また、バスケをしていた経験からチームプレーを重視している会社で働きたいという思いがあり、武蔵コーポレーションを志望しました。
武蔵コーポレーションの選考エピソードを教えてください。

 

実際にオフィスに行ってお話を聞くと、会社説明会で資料を見た時以上に良い印象に変わりました。個人をしっかりとみていただける会社だったので、他社の面接で感じたような緊張感がなく、素の自分を出すことができたのも魅力の一つです。最終面接前には先輩社員の小林さんに面談をして頂きましたが、早いうちから成長できる環境であるということを再認識して、より志望度が高まりました。最終面接は、思った以上に短すぎて落ちたかな?と思ったのですが、無事受かっており安心しました。

武蔵コーポレーションに決めた理由を教えてください。

 

選考の中でお会いした社員さんが全員生き生きと働いていたからです。自分もその一因となって、みんなのため、社会のために働きたいと感じました。自分のため、ではなくチームのために働いている社員さんが多いように感じられ、そんな環境で働くことができるのが楽しみでした。また、上場してしまうと株主のための会社になってしまいますが、大谷社長の社員の幸せを第一に考えるというお考えに惹かれたのも理由の一つです。
今後の意気込みを教えてください!

 

チームの一員として、頼られる存在になれるように頑張ります。自分が成長できたと思えるくらい力をつけていきます!

新卒内定者 INTERVIEW 一覧はこちら